最近のニュース(3月)
あめあがりコンサート合唱オペラ「白墨の輪」    
             ありがとうございました。
当日の舞台から
最近のニュース(2月)
三多摩青年合唱団&第42期研究生
あめあがりコンサート
 
2010年2月11日(木・祝)  
   パルテノン多摩 大ホール
合唱オペラ「白墨の輪」  台本 廣渡 常敏    曲 林 光
 ベルトルト・ブレヒト 原作 協力・構成 竹田 恵子 演出 恵川 智美
  舞台監督 池田正宣 照明 稲葉直人
練習風景から

最近のニュース(7月)
42期研究生が開校しました
第42期研究生開校式の様子です。
交流も交えてこれからの活動について話を聞いている様子です。 まだ募集はしていますので、興味のあるかたは、いつでも見学に来て下さいね。合唱団の人は引き続き研究生募集をお願いします。
最近のニュース(6月)
緑いっぱいの高根町(山梨)で歌ってきました
バスの作次さんが主催している「未来をひらく歴史」市民学習会の繋がりで実現した今回の「浅川伯教・巧兄弟を偲ぶ会」での演奏には、32名が参加し、感動的な舞台を経験することができました。
事前に資料館を見学して、学芸員の方から丁寧な説明をしていただき、一人一人の中にうまれた浅川兄弟への思いが演奏に反映されたのではないでしょうか。
もうすこし浅川兄弟について知りたい方は、こちらのHPへ!三青の演奏についてもブログに書かれています


研究生開校に向けて

今回の研究生は来年の2月に行う音楽会を一緒に創る研究生として募集しています。練習も研、団合同練習や団のみや研究生のみなどいろいろなので練習プランを常に確認して下さい。でも、基本的には団員は研究生だけの練習日以外は全部参加ですね。水、土と臨時練習が日曜日に組まれています。また、三多摩合唱発表会は9月、日本のうたごえ祭典は10月、と予定が早いです。それぞれ皆さん、参加予定を計画的にお願いします。

●募集に関して

5人が確定、幸先いいかな、と思いきや少し足踏み状態です。一人が一人を誘うという基本を今一度、また対象者がなかなか・・という人は宣伝活動に参加して可能性を見つけていきましょう。

スタッフ体制
2名決定。後2名募集中です。
2月の音楽会プログラム案について

以下提案されました。今後皆さんと論議していきます。メインは研究生と共に創る『白墨の輪』
合唱曲 
    
ななくさ(松下耕)・さくら・いちばんはじめは(わらべうた)・追分(男声)
    手紙・信じる・風になりたい・さくら(森山直太朗)・生きる(京都祭典でうたう)

●臨時の団レッスン中止について
7月25日(土) この日、音楽会「カンタービレ」があります。(チラシ参照)合唱団からも3人参加します。ぜひ皆さんに聞きに行って頂きたいと思います。よろしくお願いします。
●夏休み8月12日(水) 15日(土)

夏休みは出来るだけこの期間に合わせてとりましょう

最近のニュース(5月)
6月7日は浅川兄弟を偲ぶ会の全団演奏です。6/6(土)6/7(日)とプチ合宿をします。                           
曲目・・・・     夏の思い出  さくら   てぃんさぐの花   アリラン   故郷の春   なぜ   
            共に生きる町   手紙   風になりたい   わたしがたねを   千の風になって
みなさん忙しいと思いますが、是非万障繰り合わせの上合宿と演奏に参加してください。

演奏場所 ・・・ 山梨県北杜市高根町にある浅川兄弟資料館隣のふれあいホール
   演奏時間 ・・・                          12時リハーサル  14時半演奏
各委員会からの報告
組織
機関誌の発行は月1回行う・・・・5月はこれまで研究生に関わった団員に記事を書いてもらったらどうかなどの意見もありました。
夏の交流合宿の提案・・・・・今年は海へ?
創造
当面土曜日の練習は18時からになりました。
現在6月7日の演奏に向けて集中して取り組んでいますが、練習に参加できない団員には、楽譜を郵送します。
来年のブォーカルコンサートは、2010年の2月28日です。
総務
団費の長期滞納・・・・みんなで分担して連絡します。団費納入帳も整理して新しいものに作り替えます。
今年のメーデー歌集は1000部近く売ることができました。あぶさんが頑張って取り組んでくれました。
50周年に向けて
研究生募集を50周年に向けての長期取り組みと捉え、団員を増やす運動を展開する。かっての研究生卒業生への声かけなどしていく。休団員の復団への取り組みをしっかりやっていきましょう。